行動経済学研修

 

「行動経済学」とは、
経済行動に関する人の心の動きを、わかりやすく教えてくれる学問です。
とてもリアルで、内容がおもしろいのが特徴です。

 

たとえば「行動経済学」では、こんなことも研究対象になります!

■ なぜ、いつも同じお店に寄ってしまうのか?
■ 損したお金と得したお金は、同じ価値か?
■ 下取り価格に大抵落胆するのはなぜか?    などなど。

例を出されると、とても身近に感じるのではないでしょうか?

この研修を受けると・・・
   小売業・通販業では、価格設定や商品陳列に、 
   医療・介護現場でのクレーム削減に役立ちます。

 

講座内容

 

※この研修は、クイズ形式で進行します。

 

1.不思議な経済心理

価格の表示方法によってものを安く感じたり、高いものをおいしく感じたり、人は自分でもよくわからないことをするときがあります。

ケーススタディ例
いくらだったら売りますか?

 

300円のジャンボ宝くじを1枚だけ買い、
抽せん日まで待っていようと思いましたが、
販売終了後に他人がそれを譲ってほしいと言いました。

人間関係などを考えずに、いくらだったら売ってもいいですか?

手放す金額の平均額はいくらでしょうか?

 

①310円 ②540円 ③830円 ④1180円 ⑤1320円

 

2.合理的な判断を妨げるシステム

 

私たちは、論理的システムと直感的自動システムの2つを使って判断します。

たとえば建物内で地震に遭遇すると、直感的自動システムが「ヤバイ地震だ。逃げるぞ」と直感的に反応します。

すると論理的システムが「いや、待て。ここは耐震性のある建物だから大丈夫。下手に飛び出さない方が良いかも知れない」と反応します。

直感的自動システムは、スピーディに結論まで到達できる優秀な機能です。

一瞬にして結論やモノの本質を見抜くこともあります。

ところが、いつも正しい答えを導き出せるわけではありません。

この直感的自動システムは、よく間違いや勘違いをするのです。

これを専門用語で、「バイアス」、つまり「偏り(かたより)」と言います。

 

3.私達は「比較」し、「マネ」する

「2」では直感的自動システムのミスの種類と原因を解説しました。
次に、論理的システムの判断について特徴的なことを解説します。

 

4.行動経済学を応用した戦略

 

最後に行動経済学を活用したテクニックをいくつか紹介します。
さまざまなシーンで損をしない戦略として活用しましょう。

 

• プレゼンでは捨て案が重要 など

 

行動経済学研修のお問い合わせは…

合同会社そだちあい 052-731-3737 へ

 

Copyright© 2014- 合同会社そだちあい|人と人、人と組織の育ちあい All Rights Reserved.